リセールバリューを意識して、お金の無駄をなるべく無くす

リセールバリューという言葉を聞いたことはありますか?

リセールバリューとは、簡単にいうと「ものを売った時の金額」のことです。それを考えるというのは「売るときにいくらで売れそうか」を考えるということなんです。リセールバリューを考えられると、どうしても必要な出費を、使用後不要になった段階でリセール(再販)する事で、お金を戻す事ができます。

このリセールバリューが、どのようにして良い効果をもたらせるのかを今回は書いていきましょう。

リセールバリューを考えると、お金の無駄がなくなる

リセールバリューが何かは前途の通りです。物を売ったときの金額を考えてものを買うということは、まず物の価値を客観的に見ることができる事が必要です。例を挙げてみましょう。

あなたは、ノートパソコンの購入を予定しているとします。

Apple社のノートパソコンか、他のメーカーのノートパソコンかを迷っていた時に、リセールバリューを意識できていると例えばこのような思考になります。

ノートパソコンは5年ぐらいしたらいつも買い替えている。売却する時に値段が下がりにくいものを選ぶと手元にお金が戻って来やすくなるね。そうするとAppleのノートパソコンは人気が続くし元々が高いので、中古でも欲しい人が多そうだし買ってもらいやすそうだな。メルカリでチェックしてみても結構な高値で取引されている。次に買うノートパソコンは、Appleのノートパソコンにしよう

こんな具合です。リセールバリューは、人気度合いや、メルカリなどのリサイクルサービスで取引されている価格などから、その価値を推測することができます。当たり前ですが、自分が買った金額と、売却した時の値段が近いと「お得」ですよね。

こんな風に、少し先、つまり自分が使った後に再販する時の事を考えて物を買うだけで、お金が手元に戻ってきて、他に必要な物品の購入やチャレンジしてみたい資金などにお金を回す余裕ができるのです。ノートパソコンや携帯電話やテレビなどのデジタル機器や家電などは、元々のお値段も高いので、リセールバリューを意識できると案外大きな違いになるかもしれません。

ぜひチャレンジしてみてくださいね!