夢を口に出すと叶いやすくなる理由5つ

夢は口に出すと叶いやすくなると言われています。なぜでしょうか。今回はその理由を5つにまとめてみました。

記憶に残る

自分が言ったことって、ずっと覚えていなくても、ふとした拍子に思い出すものです。ずっと昔の自分の発言も、時には鮮明に思い出すことがあります。

人に伝えたことは、人を介して人の記憶にも残ります。何度も何度も思い出されることによって、記憶が定着し、自分の夢はこれなんだと、忘れかけていた行動を促してくれるのです。

夢は、意識しないといつまでも具体的なイメージになりません。具体的なイメージが湧かなければ「どうやって進めればいいか」の見当もつきません。繰り返し考えることで、自分の中で具体的にしていけるのです。

行動が変わる

行動って難しいと思いませんか?

でも実は簡単。最初の一歩がちょっとしんどいくらいです。でもこれはおまじないのようなものですが「私は○○する」「私は○○になる」と強く強く思っている時は、不思議と行動もついてくるのです。強い気持ちはとても大切です。強い気持ちは気力とも言い換えられます。気力は行動力を伴いますから、行動に対しての障壁を下げる力も持っていると言えるでしょう。

まず、やると決めて時間を確保することから始めましょう。具体的に何をやるかが見えていない時は、書き出したり、友達に相談したりしてみて、どれぐらい鮮明に出来るかをやってみるところから始めましょう!もちろん、kanaeruもお手伝いできますよ。

口に出すことで、実際に周囲の反応も変わってくる

あなたが実際に行動に起こしていると、周囲の人もそれに気づいてくれます。「なんか最近がんばってるよね」「あなたが興味ありそうなことがあったよ」などと気にかけてくれて、必要な情報が舞い込んでくる場合も。あなたが台風の目となって、周囲の協力を生んでいくのです。

それが大きな力となって、あなたはより夢の実現確度をあげ、着実に現実のものに近づいていけるのです。

自分の成長を感じながら、努力を継続できる

最初に始めてから1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月…と継続できると、振り返った時には後ろにもう「道」ができています。

がんばってるなと自分で思えることも大切で、実感は唐突にやってきます。実感のないうちにも徐々に「自分の資産」は作られていくのですよね。それが快感となり、努力が努力でなくなる瞬間がきっと来ます。そうなるともう、例え苦しくても、簡単にはやめようと思わない状況になっているはずです。

出来ることが増えると楽しくなって、昔難しかったことも簡単に出来るようになる

最初はあんなに難しいと思っていたことも、慣れてしまえば楽しみながら進められるようになります。できるようになる、とはそういうことで、最初の0→1のスタートがとても大変なのです。スマホの使い方ひとつだって、慣れれば誰だって扱えますよね。そうやって、無意識の中で「できない」から「できる」に変化してきたことはたくさんあるはずです。

夢は、口に出すと、自分を起点に周囲や過去まで変えていく力があります。ぜひ口に出して周りも巻き込み、実現確度をあげていきましょう!