夢や目標がなくて不安なあなたへ

夢や目標がないことはダメじゃない

夢や目標を口にしている人を見ていると、なんてキラキラしているんだろうとか、それに比べて自分には夢がないとか、色々気にしてしまいがち。自分はキラキラしていないダメ人間だとか思ってしまう人もいるかもしれません。

でもちょっと待って。そんなことはないのです。

夢や目標がある人は、未来から逆算して「自分を変えたい」と思っている人。

夢や目標がある人は、未来から逆算して「未来のために自分は今こうするべきだ」という考えを持っている人。逆に、夢や目標が見つけられていない人は、今を一生懸命生きている人なのです。あるいは、現状に満足しているとっても幸せな人なのかもしれません。

現実主義だとか、現実派だとか、言われたことありませんか?日頃慌ただしく過ごしていたり、目の前に大切なことがあると、夢や目標やの前に「今この自分の目の前に起こっていることに最善を尽くそう」と考えるのではないでしょうか。それはそれで素晴らしい事なのです。

それでも、夢や目標を自分も持ってみたいと思うなら。

こんなふうに考えてみませんか?

  • 現状から抜け出したいことがあるか探してみる
  • こうはなりたくないという状況をイメージしてみる
  • もし、自分1人の時間で残り人生が1年だったとしたら何をしたいか、究極のシチュエーションを想像してみる
  • 自分の未来のためではなく、誰かの未来のためを考えてみる

未来に目を向けた時に、自分のやりたいことが、現実いま目の前にある状況と違うなら、それがあなたのやりたい事なのかもしれません。

あるいは、他人の夢を聞いてみるのも良いでしょう。その夢を応援したいと思ったら、夢を持つ人の補佐をすることが、あなたの夢になるのかもしれません。

夢や目標は、作らなければダメだということはありません。

でも、もし現状に満足していないなら。

ゆっくり考えられる時間をまず確保して、あなた自身やあなたの大切な人が求めていることを見つけられるまで、イメージしてみるのも良いですよ。