心を打ち明けると夢が叶いやすくなる?

自己開示という言葉を聞いたことはありますか?自分の生きて経験してきたことや、過去や今の気持ち、考えなどの、まだ人に話していない情報を他者に伝える心理学用語です。自己開示を行うことで自分を知ってもらい、相手の理解を求めたり、共感を得たり、あるいは逆に距離を置いたりといった、相互関係のコミュニケーションのために役立ちます。

自己開示はファンづくりの近道

自己開示は相手に理解してもらえるきっかけになったり、共感を得るきっかけになります。

自分のことを話し知ってもらうことで「〇〇さんは今までこういう経験をしたから今頑張っているのか〜!」と応援してもらいやすくなったり「私も〇〇さんの考えに共感するから手伝ってみたい!」と仲間ができたり。相手に考えてもらう材料を渡すことで、より注目され好意的に受け止められることになるのです(もちろん逆もあるので、自己開示の仕方には十分に注意しましょうね)

悩みを聞けば、守りたくなる人がいる

恥ずかしかった過去や、失敗談などを、笑い話以外で自分から話せる人は多くないかもしれません。ですが一方で、それらを話すことで「〇〇さんにもこんな過去があったんなら、自分にもできるはず!」だとか「失敗談を話してくれるなんて勇気が必要だっただろうに素晴らしい人だ」とか、ネガティブだと感じていた話がポジティブに受け止めてもらえるきっかけになったりもするのです。

夢を聞けば応援したくなる人がいる

夢を語るのは恥ずかしいですね。けれど「自己開示のつもり」で話してみませんか?情報の開示がきっかけで人は集まってくるのです。応援したいと思ってくれる人も見つかるかもしれません。失うものは、ほとんど何もないのです。一歩踏み出し語るだけで、情報の収集量も、周りの協力量も大きく変わってきます。

夢を応援したくなる人は、どうして応援したくなるのでしょうか。どうやらこんな理由があるようです。

  • 本気で取り組んでいる姿に憧れる
  • 自分に何か力になれないか探してしまう
  • 頑張っている姿をみて応援したくなってしまう
  • キラキラ輝いているように見えて、自分もその一部に入りたい

話すというのは勇気がいりますが、こんなふうに受け止めてくれる人もいるんですよね。可能性を作っていくのは何も、資金力やスキルだけではありません。人を巻き込んでいける力も、とても大切なのです。

人たらしこそ長寿の秘訣

友達が多い人は長生きの傾向がある、という話を聞いたことはありませんか?Amazonに「友だちの数で寿命はきまる」という何ともセンセーショナルなタイトルの書籍が出ています。この本では、

人生100年時代の“健康力”のカギを握るのは「つながり」に他ならない

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4838727216/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4838727216&linkCode=as2&tag=mo04-22

とまで言われています。それほど、自分のことを気に留めてもらえることが、体にも心にも大きく影響するのでしょう。心の健康は、自分の幸福度にも大きく影響します。夢が実現に向かっていく過程は、きっと幸せに感じられるものでしょう。その過程で、友達や仲間が気にかけ助けてくれるとなれば、もうこれは夢を語るより他ありませんね。

一歩踏み出す勇気を持って、その先の大きな喜びを手に入れましょう。夢を語るのは、先々にとって、とても良いことなのですよ!